さわやかな日本酒

日本酒といったら、お酒が飲めるようになる20才以前は、キャプテン翼に出てくる日向君の師である吉良監督のような人が飲むものだとずっと思っていました。日本酒は堕落した人間が飲むもので、普通の人が口にして良いものではない、或いはその逆で、日本酒に落ちた人は人生が堕落していくモノだ、こんな風に考えていました。

無事に20歳を向かえてお酒を飲むようになったある日、衝撃を受けた日本酒がありました。

友人との飲み会などで私がよく飲んでいたのはビールからのワイン。ビールでのどごしを楽しんで、ワインでその後の余韻を楽しむという飲み方です。

ある時の飲み会で、一緒に参加した女子が日本酒を飲んでいました。新潟の吉乃川酒造の日本酒です。ちょっと一口と言って飲ませてもらった時に、私の先入観は塗り替えられました。

日本酒がこんなにもフルーティだとは思いませんでした。そんじょそこらのワインだと相手にならないほど澄み切った味、もっとごつごつした雑味のある飲み物と思っていたので衝撃でした。その後は日本酒にみるみるはまっていきました。

一番好きな日本酒は吉乃川の唱和倉です。その透明な味わいが他に抜きんでています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です