シチュエーションで日本酒の種類を選びましょう

一般に日本酒、とくくっていますが、色々な種類が存在します。
大まかに値段の高い物から、大吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、などです。それぞれ定義がありますが、大体の種類を把握していれば良いのではないかと思います。

種類がある、という事は、それぞれに個性があるという事です。日本酒、そしてつまみを楽しむためには相性をある程度知っておいた方が良いと思います。

値段の高い大吟醸酒や吟醸酒ですが、このタイプのお酒はとても良い香りがします。香りの日本酒と呼んでも良いかと思います。対して純米酒や本醸造酒は味、飲みごたえで勝負する日本酒だと思います。

香りの日本酒、吟醸タイプですが、この手のお酒は食前酒や前菜と共に頂く、など食事の前半に頂くのが良いと思います。何故かと言うと、香りは非常に繊細な物なので、最初に頂くのがより楽しめるという事があります。

それに対して、純米タイプの日本酒は、食中いつでも合うと思います。汎用性という観点では吟醸タイプよりも応用がきくと思います。

理想的な組み合わせは、食前酒で吟醸酒を頂き、食中は純米酒を頂く、という組み合わせでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です