30代になって変わったお酒の飲み方

私は30代ですが、若いときのお酒の飲み方は、とにかく質より量といった感じでお酒を飲んでいました。それは、ビールに始まりカクテルやチューハイなど、とにかく飲みやすいお酒をガブガブ飲むという飲み方です。若いですから肝臓も元気で、それなりに飲んでもつぶれることはありませんでした。

しかし、最近ではもうあまりそんなお酒の飲み方はしなくなりました。では、どんなお酒の飲み方をしているのかというと、それは日本酒をちょっとずつちょっとずつ飲む、いわゆるチビチビした飲み方をしているのです。

私は、九州出身というわけではないのですが「男はやっぱり日本酒だろう」という日本男児的な発想が頭の中にあります。それは、もしかしたら小さい頃に、私の父が日本酒を飲むのを見ていたからかもしれません。とにかく、大人になればなるほど、日本酒を飲む楽しさが私はわかってきたのです。

ですので、今ではビールを最初だけ1杯飲んだら、あとはもう日本酒に切り替えて、長時間飲むというのが今の私の飲み方です。それがとても幸せなので、これからもそれを続けていきたいと私は思っています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です